大好きな空港で過ごす楽しい時間


by warabimochi1106

タグ:お買い物 ( 2 ) タグの人気記事

新千歳空港にて

仕事で苫小牧に行った時、新千歳空港を利用したので、お買い物を楽しみました。

ただ…夏休み中で観光客の数がハンパない。
熱気に圧倒されてゆっくり見て回れない。
そんな中、見つけたのがこのモモンガのぬいぐみ。
e0186588_18444387.jpg
こんなもんばっか買ってどうするんだよ、と自分で突っ込みを入れながら、ついお買い上げ。目があっちゃったもんで。お腹を押すと「ピゥィ〜」というような音が響きます。

食関係では、相変わらず「花畑牧場の生キャラメル」がすごい人気。列が出来てました。
社長の顔つきにうさんくささを感じるので、「ふん、買わないもんね」と横目で見て、通過。
あ、商売のセンスは認めますよ。ある菓子メーカーの社長によれば、「製品化する前の段階を賞味期限を短くして、『生キャラメル』として売っただけだが、アイデアの勝利」と評価してました。でもさ、東国原と同じ怪しさを感じるの。妙にがっついているというか。奇しくもこの二人、共著で本を出してます。「俺たちの新・日本列島改造論」だって。

話がそれた。買ったのはコレです。
e0186588_185026.jpg
「石狩発サーモンソーセージ」と「イカスミ入りのサーモンソーセージ」。変わり種でいいかなと思ったの。結果は失敗。あんまり美味しくなかったです…。味がないというか、淡泊すぎるというか。

こっちはおすすめです。苫小牧の三星のお菓子「よいとまけ」。
e0186588_20552363.jpg
「日本一食べにくいお菓子」の異名はダテじゃない。ロールケーキにハスカップジャムを塗って、グラニュー糖をまぶして、オブラートをかけているので、切りづらいことこの上なし。
e0186588_210789.jpg
表示のように、ナイフをぬらしながらカットしましょう。素朴な味でおいしいです。昔気質のお菓子ってカンジでしょうか。グラニュー糖のじゃりっという食感、久しぶりに堪能しました。

仕事で書類をたくさん持っていたのと、仕事先からのいただきもので、紙袋が破けてしまい、何か良い袋をと探していたところ、目に飛び込んできたのがコレ。「PUMA」ならぬ「KUMA」。
e0186588_2037151.jpg
2階のノースショップいとうで買いました。不織布のエコバッグで、ファスナーで閉じることができます。こういうセンスは大好きさ。
[PR]
by warabimochi1106 | 2009-08-22 18:50 | お買い物

羽田空港午後3時

8月9日、午後3時の羽田空港第2ターミナル。
お盆前のせいか、家族連れが目立ちました。
e0186588_12455157.jpg


お気に入りはマーケットプレイス3階にあるこちらのお店、TOKYO'S TOKYO
「何の店」と一口には言えない、いろいろな商品を揃えたセレクトショップ。テーマは、「東京発の旅行」。
本もあるし、旅行鞄もある。ハンカチや文具もあります。
いわゆるトラベルグッズのお店と全然違うのは、店とラインナップを貫く「旅客機での旅を控えた高揚感」でしょうか。だから、見ていて楽しいのよね。
e0186588_1249308.jpg


行くと必ず買って帰るのが、こちらです。ヨーガンレールのオリジナルブレンドのお茶「一茶」と「二茶」。この日は、写真のように「一茶」はなかったのが残念。
e0186588_1256849.jpg
「一茶」は、天日番茶をベースに、はと麦、ハブ、どくだみをブレンドしたお茶で、「二茶」ははと麦をベースに、はま茶、玄米、ハブ、大麦、蕎麦、大豆、小豆をブレンドしたお茶。どちらも見かけは「その辺の丘から拾ってきた枯れ草」風なんですが、本当に美味しいの! 奥行きのある風味と言えばいいんでしょうか。特に「一茶」ね。表現力不足でうまく表せませんが、こんなにおいしいブレンド茶って飲んだことないです。値段は「一茶」が100gで945円。「二茶」が180gで1365円。安くはないけど(特に「一茶」は)、味を考えるとコスパは良いと思います。

もう一軒のお気に入りが、こちらの店。SHOSAIKAN。青山にある書斎館の支店で、要は文房具の店なんですが、こっちも品揃えがgood。万年筆、キーホルダー、ノート…。文房具ってなんだか妙に楽しいじゃないですか。買うとか買わないは別として。で、SHOSAIKANも、そんな楽しさに満ちている。ヨーロッパの古いお宅で実際に使用されていたアンティークの鍵も売っています。単なる飾りといってしまえばそれだけですが、どこかにこの鍵で空くお家があるって考えると面白い。

後になって気がつきましたが、第1ターミナルには8月8日にこんな店がオープンしていたらしい。人気のアクセサリーブランド「Q-pot.」のショップです。ケーキやデザートをモチーフにしたきらきらアクセサリーは女子好みかも。羽田のこの店は、Q-pot.の架空ホテル“Hotel du Q-pot.(ホテル ドゥ キューポット)”のチョコレー トスイートルームを連想させる作りになっているんだって。
e0186588_13273523.jpg
1タミを利用する際には立ち寄ってみましょう。
[PR]
by warabimochi1106 | 2009-08-20 13:07 | お買い物